DMMブックスをはじめよう!

~こんなお悩みありませんか?~

  1. 電子書籍を買うか悩んでいる
  2. お得に電子書籍をまとめ買いしたい
  3. どこの電子書籍ストアがいいか分からない
DMMブックスはおすすめだよ

\今すぐ購入する!/

電子書籍の情報

電子書籍と紙の本を両方買う!hontoの読割50でお得にする!

電子書籍 紙の本 両方買う

電子書籍と紙の本どちらを買うか悩んだことはないでしょうか?

「なんとなく電子書籍にするのはためらう。」
「紙の本を買ったもののすぐ読める電子書籍にすればよかった。」

「紙書籍で集めてきたけど電子書籍に変えてしまうのには抵抗がある。」

このように思う人は少なくありませんが、どうすればよいでしょうか?

解決策は本当に好きな作品であれば電子書籍と紙の本と両方買ってしまえです。

ただ両方普通に買ってしまうと金銭的な負担が大きいので利用したいサービスを紹介!

hontoという電子書籍ストアの「読割50」
⇒対象の紙の本を購入後5年間、同一タイトルの電子書籍が50%OFF

大好きな作品であれば紙の本を買ってから読割50を使い、電子書籍を買いましょう。

そうすれば紙の本と電子書籍のいいとこ取りができますよ。

\今すぐ購入する!/
電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

 

電子書籍と紙の本のどちらを買うか悩む

以前は電子書籍がそこまで普及しておらず作品数も限られていました。

今では紙の本と同時に出版されるケースも多く見受けられます。

紙の本で集めていても処分して電子書籍で集めようという人も増えていくでしょうね。

実際に統計データは下の表のようになっています。

電子書籍 市場規模インプレス総合研究所;電子書籍ビジネス調査報告書2019より画像引用

「インプレス総合研究所の電子書籍ビジネス調査報告書2019」からの報告ですが
電子書籍市場規模は右肩上がりに上昇していることがわかります。

ただ紙の本には紙の本の魅力がありますし、紙の本と電子書籍のどちらを買うべきか悩みますよね。

では電子書籍と紙の本を比較してそれぞれのメリットを考えてみます。

悩める人
悩める人
電子書籍にすべきか紙の本にすべきかどっちがいいんだ?

電子書籍と紙の本を比較したときの電子書籍のメリット

・書店に行く必要がない
・売り切れがない
・欲しいときにすぐ買える
・安く買えるチャンスがある
・スマホでいつでも読める

電子書籍の大きなメリットは上のようなものが考えられます。

これらのメリットは非常に大きいですよね。

電子書籍の市場規模はこれまで拡大してきましたがこれからもどんどん普及していくのは間違いないでしょう。

電子書籍と紙の本を比較したときの紙の本のメリット

・所有欲がより満たされる
・網羅的に情報を得やすい
・電子化されていない本がある
・他人と共有しやすい 

紙の本のメリットも挙げるとたくさんありますね。

いくら電子書籍がこれからさらに普及していくとはいえ紙の本がなくなるということはあり得ないでしょう。

電書ドクター
電書ドクター
電子書籍と紙の本、どちらにもいいところがあるよね。

電子書籍と紙の本の発売は同時?

電子書籍は紙の本より発売日が遅く設定されていることがしばしばあります。

これについては欲しい本の実際の発売日を見比べてみましょう。

当サイトでおすすめしているサイトの一つであるDMMブックスでは販売ページをみれば分かりますが【紙書籍同時】という表示がされています。

有名どころの本は【紙書籍同時】に大体なっていますね。

紙書籍同時であれば、電子書籍と紙の本と発売が同じということなので電子書籍だから手に入れるのが遅くなってしまうということはありません。

\今すぐ購入する!/
【DMMブックス】

電子書籍と紙の本のどちらかだけでは満たされないときがある

紙の本も電子書籍を多数所有している私の経験談ですが、自分が本当に好きで何度も読みたくなるような本は両方欲しくなります。

紙の本は実物を手に取ることができるので、コレクション性が高いといえます。

例えばマンガの電子書籍では、背表紙や裏表紙が電子化されていない場合があります。

紙の本であれば気にもしなかったような細かいところがどうしても気になって、紙の本が欲しくなるときもあります。

一方、電子書籍であればスマホで読むことができるので、いつでも好きなときに好きな作品に触れられるのが魅力。

このように電子書籍か紙の本かでどちらかにしぼってしまうと、満たされないことも少なくありません。

悩める人
悩める人
電子書籍にすべきか紙の本にすべきか、板挟みになると辛いよね。

電子書籍か紙の本かどっちにするか悩んだら両方買う

このように電子書籍にすべきか紙の本にすべきか悩むことはしばしばあることでしょう。

紙の本は我慢して、電子書籍で統一し買い集めるべきなのか。

紙の本を集めてきたなら、電子書籍にせずに紙の本で集めるべきなのか。

ここで私のもう一つの選択肢をあげます。

電子書籍と紙の本を両方買う

本当に自分が大好きな作品だけの限定ですが、両方買ってしまうのは全然アリです

なにしろ電子書籍と紙の本のいいとこ取りをすることができます。

ただ普通に両方買うと、お金は倍かかってしまって大変です。

そこでおすすめできる方法があります。

電書ドクター
電書ドクター
本当に好きな作品だったら電子書籍も紙の本も両方買うのも満足度は高いよ。

電子書籍と紙の本と両方買うときはhontoがおすすめ

紙の本と電子書籍の両方を買うにしても、なるべくお金がかからないようにしたいですよね。

そのときに使いたいのが「honto」という電子書籍ストアです。

hontoは有名書店である丸善・ジュンク堂・文教堂と提携しています。

文芸、ビジネス書、コミック、雑誌など幅広いラインナップでおおよその本を揃えることができます。

このhontoにある「読割50」というサービスを使いましょう!

読割50とは・・・

対象の紙の本を購入してから5年間、同一タイトルの電子書籍が50%OFFで購入できるサービス。紙の本購入時に電子書籍が未発売でも、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できる。公式サイトはこちら

つまり紙の本と電子書籍の両方を買いたいときにうってつけのサービス

紙の本を買ってどうしても電子書籍が欲しくなれば読割50を使って買えばお得。
(買う本が読割50の対象作品がどうかはしっかり確認しましょう。)

\今すぐ購入する!/
電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

まとめ

電子書籍と紙の本のどっちを買うか悩んだら両方買うのもアリ。
hontoの読割50を利用しよう!

  • マンガやラノベに強い
  • 無料作品豊富
  • 初回半額クーポンあり(現在配布なし)
  • 大型還元キャンペーンが定期開催

\今すぐ購入する/

2021/7/29~8/26までDMMブックスでは50%還元の超大型セールが開催中!!